音羽文子 入浴姿を覗くが…不運にもバレてしまい…。



「少しの間、宜しくね。義之くん」品のいい言葉遣いに、艶めかしい身体。母の親友の文子は、まさに義之の理想の女性像そのものだった。そんな文子が、夫と喧嘩して家に泊まることになった。憧れの女性が目の前にいる。その現実に義之はたちまち、のぼせ上がってしまう。浮かれた気分のまま、文子の入浴姿を覗くが…不運にもバレてしまい…。
ハイビジョン 独占配信 痴女 美乳 中出し 人妻・主婦 熟女 単体作品